メインイメージ

第3回 全国小・中学生障がい福祉ふれあい作文コンクール 受賞報告

2017年03月10日

 今年度は、全国の小学校、中学校から1,786作品が寄せられ、公益社団法人日本知的障害者福祉協会での選考を経て各賞が決定しました。
  各賞の結果及び作品については、こちらをクリックしてご覧ください。

 その中で当協会から推薦いたしました作品が≪会長賞≫を受賞しました。また、今年度より「学校賞」の贈呈が決まり、当協会より推薦した学校が受賞となりました。
 それぞれの受賞者・校は以下のとおり。

【会長賞】 (中学生の部)
  受賞作品 「思いやりの溢れる社会へ」        
  学校名  板橋区立赤塚第三中学校 3年 
  氏 名  小宮山 由佳(こみやま ゆか)さん

 
 【学校賞】
  小学校:葛飾区立梅田小学校
  中学校:板橋区立赤塚第三中学校

DSCF2348-1.jpg
◆3月1日、山下望理事長と米川覚事務局長が赤塚第三中学校を訪れ、校長室にて賞状及び副賞を贈呈させていただきました。小宮山由佳さんは、生徒会の役員も務められていて、作文の内容とおりのとても誠実な方でした。須田淳一校長、作文を指導されました後藤潤先生も我がことのように喜んでくださいました。同校は学校賞も受賞され、二重の喜びとなり、次回の朝礼にて全校にお披露目するとのことでした。
 
DSCF2359-1.jpg


DSCF2361-1.jpg
 このたびは、訪問させていただけたことに感謝いたします。これを機に、後輩の生徒さんたちも当コンクールに参加していただけたら幸いです。
 



◆3月10日には、坂本光敏理事が梅田小学校を訪れ、阿部謙策校長、ご担当の長島弘樹先生に、賞状及び参加賞を贈呈しました。

  • お問い合わせ
  • 協会に加入しませんか?
  • 会員施設名簿
  • 東サポ
  • 東京都発達障害支援協会
  • 日本知的障害者福祉協会